So-net無料ブログ作成

甲羅に合わせて穴を掘る [開業編]

社労士の実務研修は通信教育による3回のレポート提出と、4日間のスクーリングです。スクーリングは申し込み済みですが、全国で4都市でしか行われません。ワタシは4日間通い[電車]ますが、スクーリング会場近くで宿泊[ホテル]しながら臨まれる方もいらっしゃるのでしょうね。

レポート提出は5月までに終えれば良い事にはなっていますが、既に3回分送付しました。試験勉強中には手続きする書類の名前だけは判っていたのですが、実際の記述をすることが主眼ですから、イロイロ戸惑う[ふらふら]事が多かったですね。

さて、久しぶりに記事を書いてみようと思ったのは、どれほどいらっしゃるかは分かりませんが、このブログを見ている方が、「その後、コイツはどうやって[目]いるのか?」と疑問を持たれることもあると思い、実名ブログでは書けないこともここならば書けるので、記録しておこうと考えたからです。

平成29年1月から、本業(行政書士業です!)に影響しない時間帯と言う事で、夜間のアルバイトが週1~2回入ってます。仕事の終わりが朝で、何事も無ければそのまま業務に付ける為、本業が忙しくならない限りは継続できそうだと考えた仕事です。
行政書士会の地域支部に加入しているわけですが、先日、その支部経由での仕事の説明会がありました。所謂「行政協力」と言うものです。
その業務先が、アルバイト先から至近距離にあり、仮に同日に予定が入ったとしてもどちらかの予定を変更してもらう必要が無いことが判りました。
アルバイト先には普段着で行っていますが、行政協力のある日と重なった場合には背広で通勤するダケの事ですね。どちらにも迷惑が掛からず、良いアルバイト先を選んだものだと自画自賛しております。

「資格を取って独立」には様々な方法があり、いろいろな成功例があると思います。自身の参考になる場合もあるでしょうし、そうでない場合もあるでしょう。
しかし、失敗するパターンの多くは「思っていた程収益が出せず、事務所の運転資金が枯渇した」事によるものではないかと考えています。
すると、どれだけの収益を出せないと事務所運営が回って行かないのかは判る筈ですから、運転資金が枯渇するのは事前のリサーチ不足、事業計画の甘さ、マーケティングの失敗と言う事が大きいでしょうね。

成功者の事例を参考にするのも良いのですが、顰に倣うという事態になることもあります。
蟹は甲羅に合わせて穴を掘るという諺の方が、今のワタシの心境に近いですね。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0