So-net無料ブログ作成

法定相続情報その2 [開業編]

 先日持ち込んだ相続情報が上がって[ひらめき]きました。こちらで作成したままの状態で、法務局の用紙を使い、登記官のお墨付きまであります。この用紙を見ると、この作製でお金[ふくろ]取れるなぁ、と実感しました。

この仕組みが出来てから1か月も経っていないので、担当窓口にも多少の混乱[あせあせ(飛び散る汗)]ぶりが窺えましたが、恐らく、この情報図は相続登記の際の副産物として作成するのが主なのだろうと想像しました。複数の法務局が関係する相続登記の際は、最初に持ち込んだ法務局でこの情報図を作成し、次の法務局や金融機関には、その図を使用するというイメージですね。
今回は『既に相続は終了したが、その後新たな相続財産が発見された為、その相続手続きに必要』という想定で手続きしたのですが、不動産の関係しない相続や、不動産+金融機関一行のみという相続の場合には余りメリットが無いかも知れませんね。

さて、本日はかねてより考えていた清掃パートの面接日[目]でした。概ね想定していた勤務時間でしたが、必要人数はワタシの考えていた人数の丁度[手(チョキ)]倍の人数でした。前月にシフトを組むそうで、各人が入れる日を申告して、必要に応じて出勤日の調整をするようです。ワタシの場合は、月20日は入れるのですが、そこからいくらか削られる可能性もあるワケです。もちろん、今の仕事もあるので、シフトの関係で『この日でなくて、翌日入ってくれ』と言われても、それは出来ない相談と言う事ですね。
恐らく、土日はムリとか、土日だけOKなどと言う人もいるでしょうから、何とかなるとは思っていましたが、今日の面接の感じからすると面接で落とされることは無い[わーい(嬉しい顔)]でしょうね。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0