So-net無料ブログ作成
検索選択

加減が難しい [開業編]

 昨日の記事を書いた後に出掛けて帰ってきたのは24時間後と言う事で、充実した一日だったというべきでしょう。
 先ほど、行政書士会の地域支部の方から、昨日のワタシの業務の件でお尋ねの電話[phone to]がありました。不動産を含んだ相続関係の相談で、遺産分割協議書の作製が必要と思い、そのようなアドバイスと書士会の地域支部の連絡先を教え、行政書士の紹介を依頼されると良いでしょうという内容だったのですが、電話の趣旨は『どうして自分で受けなかったの[exclamation&question]』ということでした。
 実際問題自分でも得意とする分野だったのですが、こうした場で営業行為をするのは如何なものかと考えていましたし、事務所の名刺を相手方に渡してはイケナイと言われていたので、そのようにしたのです。

 詰まるところ、露骨な営業は控えてもらうものの、会話の端々に自分が受託できる旨をアピールし、相手側に『それじゃあ先生にお願いします[揺れるハート]』と言って貰えればOKということで、一つ勉強になりました。

nice!(1)