So-net無料ブログ作成
検索選択

解答を振り返ってみる [お勉強]

実物があるうちに、後の参考になるような事を残しておこうかと考えて、厚生年金の選択式での解答に至るモノが面白いかと思い、上げておきます。
厚年.jpg

この科目は5/5点でしたが、他の科目と異なり、不正解肢と思える番号をドンドン消しています。番号に丸を付けたモノを解答として選択したワケですが、『消していないモノ』『チェックを入れたモノ』『文章の一部を囲んであるモノ』から選択したのが判りますね。⑫総報酬月額相当額にも『相当額』を囲んでいるという事は⑪総報酬月額との比較で、『相当額、付いてたかナ?どうだったかナ?』と迷ったんでしょうね。誰に教わる事も無く、解答肢以外の肢を認識しない事により、集中して比較検討する為には有効な手法だったカモ知れません。

こうして見ると、②から⑦までの『支給~』の中から2つを選択させるワケですから、イヤらしい[たらーっ(汗)]と言えますよね。
大問1で、3問中最低1点を取り、大問2は両方とも正解で、基準点は確保できるのですが、半分位の受験者がここで足切りに有っていたようです。
偉そうに言ってはいますが、選択式の国民年金の解答を見ると、何らのチェックをする事も無く、迷うことなく[わーい(嬉しい顔)]5つの選択肢に丸を付けていますが、1問間違えてます。[もうやだ~(悲しい顔)]





nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

婆さん端にゴミここや庭に碌な御南無三御用 [お勉強]

社労士 開業』で検索していた時に、今回の社労士試験の選択式で健康保険が鬼門であった事が判りました。
5問中0問26%を含み、1問以下正解が48%で、健康保険の救済措置は2点ですから、全不合格者の半分は健康保険の選択式が関係していたことになります。

選択式は、かつては『悪問・奇問』の類の出題がありましたが、ここ数年は(難易度はともかく)常識的な出題でしたよね。

私自身は労一が救済されましたが、健康保険はそれ程難しくは無かった記憶があったので、自分はどうだったのか、問題文を見返してみました。
健保選択.jpg
まるで小学生の算数の計算[ふらふら]ですが、記憶を辿ると
高額療養費を問う内容だと理解した時に、最初に記憶の引き出しから出したのが『婆さん端に…』の語呂合わせでした。『バアサンハシニゴミココヤニワニロクナゴナムサンゴヨウ』数字で書くと『838425355828267576354』で、その後に『年老い与し246』が続きます。多数回該当の場合の算定基準額は『トシオイクミシ』で『1401934』と覚えました。

語呂合わせは自分で工夫しなけりゃダメ、と言うのが通信講座でも講師陣が言われていたコトバでしたね。この語呂合わせも、最低限この数字を押さえておけば計算できるだろうと考えたモノでした。前にも書いたように、テキストは平成27年試験用を使っていましたので、この語呂合わせを考えたのも去年の事です。
『役に立っていたんだ[わーい(嬉しい顔)]』と今になって感じましたね。
今回の問題は、計算方法は間違えていても、『婆さん端に』と『年老い』を覚えていれば2点は取れるワケですから、多くの受験生がこの表をスルーしていたかが判ります。
偉そうな事を言いながら、ワタシもある程度重要と思える数値のついては優先順位を付けて覚えたり覚えていなかったりで、今回は偶々優先順位を高[右斜め上]く設定しておいた問題が出題された事になりますね。本当にラッキーです。

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

合格体験記のつもりで [お勉強]

堰を切った[あせあせ(飛び散る汗)]かの如く、連日の記事掲載。
このブログ、空白期間[眠い(睡眠)]がやたらと長いので、その間の試験勉強の事も書いておこうと思いました。
平成27年8月の受験後、平成28年8月の受験までのことですね。一発で合格[手(チョキ)]する人も多いでしょうが、二度三度の受験で受かる人も多いでしょう。すると、『落ちた翌年の合格』の体験は、共感を得られるのではないか?とも考えました。

最初の受験時にはフォーサイト、2回目は教育訓練給付が受けられるという理由でIDE、3回目でフォーサイトに戻り、それらテキストと、行政書士試験以来お世話になっているWEB問題集を利用していました。

平成27年試験では、結果的には足切りにあったものの、択一の出来が良く、試験直後には手応えを感じていました。それでも、試験後の帰り道で考えていたのは『コレで落ちたら、また受けるサ』という気持ちで、ここら辺、根っからの楽観主義者ですね、ワタシって。
それでも、帰り道で頂いた解答速報での答え合わせはやってません。実は今年もやっていなかったのです。
 仮に、今年答え合わせをしていても、選択では労一、択一では国年での救済措置が無ければ合格していないワケですから、発表日までは気が休まらなかったのではないかと思います。

平成27年11月に不合格が判り、恐らくその時の気持ちとしては『呆然自失[がく~(落胆した顔)]』に近いモノがあったと思います。
新しいテキストの購入も検討しなくてはいけない時期だったのですが、その時の考えとして、『改正点だけ抑えておけば、OK、行ける』でありまして、新しいテキストは買わず、フォーサイトのH27試験用テキストと月刊社労士の定期購読(12月~8月)、少し古くなってしまった大原の選択式問題集全5巻の買替で対応しました。
無収入なので、家計負担も考えていたんでしょうね。

模擬試験は予想問題集が貰える(オマケに弱いワタシ)TACを2回だけ受けて、模試の結果はB判定以上は取れなかったのですが、基準点以下には落さないように、と言う事を心掛けました。
改正点の抑えは、月刊社労士頼りでしたが、結果的にはこれで良かったのでしょう。択一の労働一般での9点は、自分でも出来過ぎだったとは思いますが、テキストと月刊社労士だけしか勉強していなかった(WEB問題集でも、この分野は除外してました)ので、考え方は間違っていなかったのでしょう。

今年の試験結果を尋ねた知り合いが、たまに連絡をくれ、外に食事に出ることはありましたが、基本的には日がな一日、机(コタツ)に向かうという生活ですね。合格の祝賀会を開こうと言ってくれた、その知人の目には、その当時のワタシがどう映っていたのか、今度聞いてみたいものです。

『淡々と』或いは『飄々と』していたカモ知れません。歯を食いしばって頑張ると表現しても良いのでしょうが、歯を食いしばっても顎の力が増す位で、何の意味もありません。何とか自分自身を励まし[パンチ]ながら、不断の努力を継続させることの方が重要でしょうね。


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

試験に受かるという事 [お勉強]

合格証書.JPG
結果が判ったので、過去の社労士試験の結果を記録しておきます。

第45回(H25)  選択27/40 択一42/70
第46回(H26)  選択33/40 択一42/70
第47回(H27) 選択29/40 択一50/70
第48回(H28) 選択33/40 択一44/70

第47回試験は総得点はクリアしているのですが、2科目が基準点に満たず、涙[もうやだ~(悲しい顔)]を飲みました。択一の正解率が受験した中で最も良かった事からも判る通り、試験後の手応えも感じました。なので、不合格が判った後も、勉強やり方を根本的に変えることはしていません。受かったから良いのですが、コレって失敗するパターンですよね?
ただ、行政書士試験時代から感じていたことですが、複数回不合格になると、メンタルの部分、特にモチベーションの維持が重要な問題になると思います。
『二度あることは三度ある[バッド(下向き矢印)]』ではなく『三度目の正直[exclamation]』と考えなければなりませんし、3回落ちたのなら『仏の顔も三度』と切り替えなければなりません。背水の陣で臨みながら、リラックスしていなければなりません。1回で受かればこんな事は考えなくとも良いんでしょうけどね。

今年の試験では、選択では労一、択一では国年の救済で救われた[たらーっ(汗)]ことになります。『そうしないと、シャレにならないほど合格者が少なくなる』からであって、多くの受験者の中で、自分は多数派であった事が判りました。
『誰も判らない問題を解けた者でなく、誰もが判る問題を間違えなかった者』が試験に通る、と言う事を実感しました。


nice!(1) 
共通テーマ:資格・学び

久々に、本当に久々に [お勉強]

知り合いからメール[phone to]が来て、『今年の試験は難しかったようだね?』とあり、今日が社労士試験の合格発表日だという事に気付き[がく~(落胆した顔)]ました。勘違いして、来週だと思っていたんですよね。

その知り合いに結果を伝えないのは不義理というモノですから、恐る恐る[ふらふら]社労士会のホームページを開き、『今年の合格基準』とか『10年合格率推移』など関係ない資料を開いた後に、意を決して東京都の発表資料を開けてみました。小心者ですね、私って。[もうやだ~(悲しい顔)]

受験番号下3ケタが見事に抜けているのを見て、『ダメだったかぁ~[ふらふら]』手応えはあったのに、と、気が付くと中3ケタが違う番号[がく~(落胆した顔)]でした。東京都は受験会場ごとに中3ケタが違う番号なんですね。
ページをドラッグして、中3ケタを確認後、下3ケタを見てみると、アッタアッタ[ぴかぴか(新しい)]
ありましたよ、私の受験番号が![手(チョキ)]

知り合いにメールを打ちながら、もう、金輪際社労士の受験勉強ダケはしなくて済むかと思うと、本当に開放感を感じました。[わーい(嬉しい顔)]

今後、どういった方向性で行くのか未定の部分がアリマスが、先ずは社労士の試験勉強を、『受かった事で』終えることを喜び、今後の糧としたいと思います。[パンチ]
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

再受験に向けて [お勉強]

 相続関係の手続きもホボ終わり、10月から始まった簿記職業訓練も終盤になったことから、社労士資格取得に向けた勉強に本腰を入れようと考え、2年目はIDE社労士塾の通信講座を利用することにしました。
 フォーサイトの教材に不満[失恋]があるワケでは無かったのですが、同じような内容でも違った視点[目]で解説しているでしょうし、理解が深まる[手(チョキ)]のではないか、と考えました。

 まぁ、最大の理由は『費用を掛けることにより自分を追い込む[がく~(落胆した顔)]』ことにあるでしょうね。

先日その教材が届き、例によって労働基準法から始めたところですが、やはり重点を置くポイントがフォーサイトのそれと微妙に異なっているのが判ります。
 
 モチベーションの維持と勉強時間を確保して、来年8月の試験に臨みたいものです。
nice!(2) 
共通テーマ:資格・学び

試験終了 [お勉強]

ブログの更新もせずに、ひたすら勉強を続け…と言いたいところですがイロイロあって、とにかく本日社労士試験を終えることが出来ました。

イロイロあった出来事の最たるものは、8月に入って早々の兄の入院葬儀ですね。
葬儀後の後片付けは先送りにしていたのですが、試験も終わったのでボチボチやっていかなくてはなりません。

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

負荷を掛けてみる [お勉強]

昨日出した申込書の到達を確認[目]し、イヨイヨ受験が身近に感じられます。
懸案だった選択式対策は、大原の『トレーニング問題集(全5冊)』を新刊で購入し、各分野毎に毎日数問ずつ、2週間で1周するようにします。
先日到着した厚生年金のDVDも早くやらなきゃ、ということで、アレもコレもという状態です。

多分、明日が試験日だとすると、選択式で足切りの可能性大、択一で60%(但し社一や労一で足を引っ張られる)というレベルまでは来ているんじゃないかな。と考えています。

6月には模試も受けてみて、ラストスパートに突入する予定ですが、それまでにフォーサイトの教材を完璧にモノにしておく必要がありますね。


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

踊り場、というものか [お勉強]

 結局面接に行った会社からは何の連絡も無く、尤も、面接の時から『あ、こりゃ採用する気がナイな…[ふらふら]』とは感じていたんで、しばらくは現状維持ですね。
 
 前回、少し気が抜けた[失恋]状態になったことを記録しておきましたが、このままの状態ではマズい[ちっ(怒った顔)]ので、少し勉強の内容を変えることにしました。
 今まではWeb問題集一日千問とDVD学習をメインにしてましたが、紙の問題集(択一・選択)の割合を増やすことにしました。
 選択式の勉強法には、異論もあるでしょうが、『如何に足切りされないようにするか』ではナイかと思っています。
選択式で足切りされず、総合点であと一歩及ばす、という受験生よりも、総合点では及第点であったものの、選択式のあと1点で泣いた[もうやだ~(悲しい顔)]受験生の方が多いのではないかとも思っています。実際問題、択一問題の難問対策の方が、勉強としては面白く、進歩した気分にはなるのですが、『取れて他の受験生に差を付けるよりも、取れずに差を付けられない』為の勉強をしないことには合格は覚束ないでしょうね。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

当たり前のこと [お勉強]

 『基本が大事』当たり前のことですが、ある程度勉強が進むと、もう少し突っ込んだ部分に手を[パンチ]出したくなります。
毎日こなしているWeb問題集でも、必ずポカミ[もうやだ~(悲しい顔)]スと基本的な部分の記憶違い[ふらふら]で失点があります。
この、『基本的な部分での記憶違い』を無くさない限り、今の勉強の枠組みからは手を広げない[手(パー)]ように考えています。
CDから始まり、今はDVD学習しているフォーサイトの講義も、数周目に入りましたが、Web問題集で引っ掛かった部分がキチンと説明[ちっ(怒った顔)]されています。
厚年と一般常識については今年度分のテキストすら送られてきていない状態ですが『それでもキチンと勉強すれば間に合う[決定]んだよ』、という作り手側のメッセージなんだと考えてやって行くしかナイですね。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び